2008.02.26

東大・一橋の後期対策

 以下の記事はメインのblogからの転載です。

 公立大学を受けた皆さん、まずは、お疲れさまでした。皆さんの努力が実り、良い結果になることを祈ります。ただ、「念のため後期対策もしておきたい」という人がいるかもれません。その人たちへの情報提供をします。
 あえて、良くないたとえを使いますが、「おぼれる者はわらをもつかむ」のではいけません。「わら」というのは小論文のマニュアル本やネタ本のことです。とりわけ、小論文対策をしてこなかった受験生が「ピンチ」に陥り、あわてて後期対策を講じようとすると「わら」にすがろうとします。これまで、この時期に、そうした受験生と数多く接してきました。
 じゃあ、どうするのか?まず確認しておきたいことは、受験に限らず対策とういものは相手に対応していなければなりません(この点で、ワンパターンのマニュアル本は「失格」「却下」なのです)。つまり、過去問がある場合は、それをしっかりと読み解き、何をどのように書けば良いのか実際にやってみることです。
 一橋大の場合は、過去問をみればわかりますが、学部によって出題形式や字数が若干異なります。自分が出願した学部について問題を入手し、傾向をしっかり把握しておきましょう。問題集blogに2001年以降の過去問を掲載してあります。ただし、諸般の事情から、ボクの授業の生徒しかアクセスできません。
 東大の場合は、ちょっと「やっかい」です。今年から後期試験は理3を除く全学部共通になり、過去問がないからです。知っていると思いますが、「試行テスト問題」を公開しているので、まずはそれに取り組んでみてください。ただし、この問題はけっこう難解です。念のため以下にリンクをはっておきますね。

 ○東大後期「試行テスト問題」

 このようにblogを公開しているわけですから、ボクの授業をとっていない人の質問にも答えます。質問はコメント欄を利用してください。
 「果報は寝て待て」なので、今日はぐっすり休んで、後期対策が必要な人は明日から「再起動」してください。後期試験までの時間は十分にあるので、あわてて「わら」をつかまないようにしましょうね。

2007.12.11

日の丸・君が代

 今日はボクが連載を持っている月刊誌『ガバナンス』の原稿を仕上げました。テーマは福祉まつりから一変して、日の丸・君が代です。頭の切り替えがタイヘンですが、何とか書き終えました。
 1999年の国旗国歌法の制定を受けて、2002年に試行された学習指導要領では、学校において「国旗を掲揚するとともに、国歌を斉唱するよう指導する」ことが盛り込まれました。これに基づいて、東京都のように入学式・卒業式における起立と斉唱を教職員に強制する動きがあります。
 一方、一部の教職員は、過去に日の丸・君が代が果してきた役割に対する反発から、起立・斉唱を拒んでいます。教育委員会がこうした教職員の個人情報を収集していますが、それがプライバシー侵害にあたるとする判断が相次いで示されました。ボクの原稿はそれをわかりやすく解説したものです。
 学校における国旗国歌の扱いについては、慶應大学総合政策学部が2005年の論文テストで出題しました。それぞれの思想・信条がからむだけに、解答に窮した受験生も多かったともいます。出題者もそれを想定・配慮し、どのような立場をとるかは採点対象外とし、あくまでも論理性を評価する旨を明示しています。
 国歌斉唱時に起立しない教職員の個人情報の収集も、そのように冷静に論理的に考えるべきなのですが、国旗国歌をアイデンティティとする人も多いため、理性を忘れ不必要に過熱しがちなのが実情です。受験生の皆さんは学校における国旗国歌の扱いについて、どのように考えますか?また、これを強制する現状をどのように評価しますか?
 普段あまり考えることのないテーマだけに、自分自身の考えを整理してみてください。

2007.07.22

個人情報保護の講演会

 7月25日(水)午後、東京都多摩市で私が講師をつとめる講演会があります。テーマは個人情報保護対策入門で(小論文対策入門ではありません、ゴメン・・・)。誰でも自由に参加できるので、時間と関心のある受験生もどーぞ。この記事をPCで読んでいる人は以下のリンク先をクリックしてください。詳しい案内があります。

 ○講演会のご案内・・・Link

 その日は講演を終えてから駿台・横浜校で夏期講習の授業(3時間)があります。そして、家に帰ってサッカー・アジアカップの準決勝をみる、というより熱烈応援する予定。梅雨明けはまだだけど、長くて暑い一日になりそうです。
 昨日のオーストラリア戦は、日本がそれなりにゲームを支配できていたため安心してみていられました。しかし、決勝点がちっとも取れず、PK戦にもつれ込んだ展開に、終了後はひどく脱力しました…

2007.07.08

新HPの立ち上げ

 これまでブログやホームページをアチコチにつくって収拾がつかなくなったので、新しいホームページを開設して整理統合することにしました。近いうちにドメインをとる予定ですが、とりあえずLINKを張っておきます。携帯電話でのアクセスは難しいのでPCを利用してください。
 小論文対策だけでなく、ボクのやっていることのポータルサイトのようなつくりにしました。受験生はメニューの「大学受験の小論文」から入ってください。とりあえず既出問題のページには、授業の配布プリントに記載したパスワードで入れます。オリジナル問題集など順次アップしていくので、しばらくお待ちくださいね。
 なんで「情報料理人」なのかは、いずれ説明します。

 ○新HP「情報料理人 奥津茂樹のホームページ」 LINK

2007.06.25

今月のINDEX(6月)

「今年の梅雨はどこいったんだ、まったく」などと、誰に何を怒っているかわからぬことをつぶやいているうちに6月も終わりです。まもなく予備校も前期が終わり、来月中旬から夏期講習が始まります。
その合い間を縫って福島、長野、千葉、東京と講演が続きます。東京(多摩市)の講演は以下のような一般市民向けなので、受験生はヒマないと思うけど息抜き(?)にお越しください。自分で言うのもなんだけど、おもしろくてタメになる…かな?

 ○タイトル 個人情報保護対策入門
 ○日時 2007年7月25日(水)13:00-15:00
 ○場所 多摩市立関戸公民館第1・2会議室 MAP
 ○チラシ みる (PDFファイル)

さて、今月の授業で取り上げたテーマについて、またリンクを張っておきます。いつも言ってるように、知識・情報をため込むだけでは小論文は書けません。リンク先に飛んでって情報の大海でおぼれるよりも、いじめや外国人との共生について「今の自分」なりに考えてみましょう。

○いじめ
 文部科学省の「対策」がわかる Link
 いじめの「件数」がわかる(05年度) Link
  *授業で解説したように「件数」の確度は保障しません

○多文化共生
 日弁連の人権擁護大会宣言(2004年10月8日) Link
 外国人の地方参政権を「認めた」最高裁判決 みる(PDFファイル)

2007.05.23

今月のINDEX(5月)

昨日は全国の情報公開担当課職員を対象とした研修で講演、今日午前は横浜市の指定管理者第三者評価委員会の会議、夜は「社会人社会化」計画なる新プロジェクトの集まり、明日は川崎市高津区の外部評価事業の会議、若年性認知症家族支援のNPOとの打合せ・・・その合い間に予備校の授業があります。体だけでなく、頭がいくつあっても足らないかも・・・自分のスケジュール管理のまずさを反省しつつ、前向きにあえいでいます。

さて、今月の授業の中で取り上げたテーマやデータ等について、もっと詳しく知りたい人のため以下にリンクを貼り付けます。テーマに対する関心と問題解決に向けた意欲とを高めるためのものであり、これらの「情報(知識)さえあれば論文を書けるようになる」というような「誤解」はしないように、ね。

○少子・高齢化
  少子化情報ホームページ Link
  少子化対策・高齢者対策ホームページ Link

○フェア・トレード
  フェアトレード情報室 Link

○慶大商の論文(マーク)対策
  法科大学院・適性試験 Link

続きを読む "今月のINDEX(5月)" »

2007.04.18

はじめまして!

公開授業ではプリントを配って簡単な自己紹介と授業の基本方針などを話したのですが、以下にキーワードごとにリンクを掲載して自己紹介の補足をします。

 ○NPO(非営利団体):私が理事としてかかわっているところです
   情報公開クリアリングハウス・・・Link
   参加型システム研究所・・・Link
   ぐらす・かわさき・・・Link

 ○書く仕事:私が連載している月刊誌
   『ガバナンス』(ぎょうせい)・・・Link
    (4月号では高校入試の合格最低点の情報公開を取り上げました)
   著書は右の欄で紹介しています

 ○話す仕事:
   夏と秋には福島で「情報社会を生きる」という講演をします・・・PDF
   朝霞市個人情報保護制度講演会講演録・・・PDF

 ○その他の仕事:他にもいろいろやっています
   横浜市指定管理者評価委員会・・・Link
    (私はここの委員をやってます)
   協働研究・事業評価・・・Link
    (私がかかわってきた調査研究等がわかります)
   宮崎台さくら祭り・・・Link
    (HPとステージを担当、今年は50000人集まりました)

というように、予備校外で今やっていることをホイホイあげていったら、なんかすごい状況になってたことに気づきました。人格はまだ大丈夫だけど、仕事的には破綻してるかも・・・
でも授業は豊富な経験を踏まえて、わかりやすく、ちゃんとやっていくので安心してくださいね。

2007.04.17

復元合格答案をアップします

今日は駿台・横浜で公開授業があり、ようやく新学期も始まったので、ぼちぼちとblogを再開します。さっそく2007年入試で合格した生徒の皆さんの復元合格答案(PDFファイル)を掲載しますね。問題・解答例・解説は駿台の「2007年度 大学入試解答速報」からゲットしてください。なお、そこには総合政策の問題がないので、こちら(PDFファイル)をクリックしてください。

 ○慶應大学文学部「小論文」復元合格答案・・・みる

 ○慶應大学経済学部「小論文」復元合格答案・・・みる

 ○慶應大学総合政策学部「論文」復元合格答案・・・みる

答案を書いてくれた合格者の皆さん!ありがとうございました。
来年は皆さんの番です!

2007.02.26

一橋後期の既出問題

一橋大後期「論文」の既出問題もSOS論文問題集にアップしてあります。問題は全学部の2001年~2006年の出題で全部で24題あります。ただし、いずれも問題のみで解答例や復元合格答案はありません。

東大文一後期 既出問題

東大を受験した皆さん、前期試験お疲れさまでした。念のため後期対策をしておきたいという人は、以下の記事(学習方法、論文Ⅱのツボ)を読んだ上で過去問(既出問題)に取り組んでみましょう。問題と解答例は駿台の速報を見てください。

 ○駿台解答速報2006年   ○駿台解答速報2005年

また、これ以前の問題・解答例と復元合格答案(合格者が解答の内容・構成を再現したもの)は、先日blogを再編したためSOS論文問題集にアップしてあります。また、余力があれば、添削例もアップしたいと思います。私の授業をとっている人は、いつものようにユーザー名(ID)とパスワードを入れてアクセスしてください。

なお、それ以外の人にも以下の条件で、一応「門戸」を開いておきます。
 ①メールでアクセス方法について問い合わせる
   ・送り先:sosronbun@yahoo.co.jp
   ・きちんと名乗らない等の礼を欠くメールは無視します
   ・なお、メルアド等の個人情報は論文指導に関する連絡以外の目的に
   使用しません
 ②後期試験を受け合格したときは、復元合格答案を作成する

SOS論文問題集はあくまでも受講生に対するアフターサービスであり、作成にそれなりの労力を費やしていることから、以上のような条件をつけたことをご理解ください。

カテゴリー

2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31