« 寄付で縁をつくる | トップページ | 高校教師向けセミナーのご案内 »

2011.11.04

商店街からつながる

 NPO「参加型システム研究所」にニュースレターに書いた文章です。

 東日本大震災の被災地、被災者を支援する取り組みは実に多彩だ。神奈川県内では商店街を基盤とした支援活動が始まっている。中でもユニークなのが、鎌倉市大船の商店会が連携した「岩手県復興支援イベント Ohfuna to Ohfunato~大船から大船渡市へ~」(以下、「Ohfuna to Ohfunato」)である。
 このイベントは716日に開催された。主催したのはOhfuna to Ohfunato実行委員会である。大船駅前商店会・大船仲通り商店会・湘南一番商店会・大船の企業・有志一同が、実行委員会のメンバーだ。 大船と岩手県大船渡市。「大船」という同じ地名を一つの縁として、「Ohfuna to Ohfunato」を合い言葉に、イベントを通じて被災地を復興支援するのが開催趣旨だ。
 当日は、大船駅東口の芸術館通り140mを歩行者天国にして、カモメの玉子・南部せんべい・北上コロッケ等の物産展、復興支援募金、路上コンサート、模擬店など多彩な行事が行われた。大船観音や玉縄桜が描かれた特製Tシャツ(2000円)も作成、販売された。「Ohfuna to Ohfunato」で集められた2,081,111円の寄付は、812日、鎌倉市長らの手によって大船渡市長に届けられた。
 このイベントがユニークなのは、「大船」という言葉を「縁」として、地域と地域、人と人をつなごうとした点だ。東日本大震災の発生から時間がたつほどに、被災地の「外」にいる私たちは、被災による痛みや苦しみ、そして、被災の事実すらも忘れがちになる。しかし、そのように被災地や被災者が「忘れられる」ことは、もう一つの悲劇に他ならない。
 
これを防ぐのは「縁」である。血縁、地縁…いろいろな「縁」があるが、「Ohfuna to Ohfunato」は言葉で新たな「縁」をつくった。そして、大船で暮らし、働くかぎり、一字違いの被災地・大船渡市のことを忘れることはないだろう。そして、地域住民の力で必要な支援を継続していくに違いない。言葉には、地域と地域、人と人とをつなぐ不思議な力が宿っている。
 
Ohfuna to Ohfunato」実行委員会副委員長の鈴木健介氏は、「復興の長期化は避けられず、10年間は支援していきたい。将来は鎌倉と大船渡の心の絆を育むイベントになれば」と、このイベントにかける意気込みを話している(読売新聞201176日)。そして、イベント終了後も、さまざまな機会を通じて両者の「縁」を深めている。924日には、大船渡の人たちが大船を訪れ、「さんまパーティー」を開催したという。
 
商店街を舞台にした被災地、被災者支援は他の地域でも行われている。たとえば、「みやまえスマイル×スマイルフェア―地産地消で被災地支援を」(以下、「みやまえスマイルフェア」)である。これは川崎市宮前区内の約30の飲食店が参加したイベントで、東急田園都市線鷺沼駅前の商店街を中心として、この10月に開催された。
 
「地産地消で被災地支援を」というサブタイトルにもあるように、「みやまえスマイルフェア」の第一の目的は地産地消である。フェアに参加した飲食店は、川崎市宮前区内でとれた農産物を使ったメニューをつくる。その売り上げの一部を被災地支援にあてるのが、第二の目的である。もちろん、各店舗には募金箱を置き、被災地支援のための寄付を募る。京都地域創造基金が行ってきた「カンパイ・チャリティ」の神奈川版ともいえる試みである。
 
大船が大船渡とつながったように、「みやまえスマイルフフェア」は宮城県とつながった。こちらは「宮城」と「宮前」、「宮」つながりである。寄付は宮城県が7月に設置した「東日本大震災みやぎこども基金」に集約した。これは、大津波等で親を亡くした子どもたちの生活や学業を応援するためのものだ。子どもの数が多いという同区の特性を考慮して、寄付の相手方を決めた。
 
101日には、フェアのキックオフイベントが鷺沼駅前で開催された。地場産の野菜とともに、宮城県気仙沼市の日本酒「負げねぇぞ気仙沼」が販売された。震災で店舗が全壊し、祖父母は死亡、父は行方不明になる中で、母と兄弟で再開した老舗酒屋「すがとよ酒店」オリジナルラベルの日本酒である。その売り上げの20%も「みやぎこども育英基金」に寄付された。
 地域で買い物や食事をすることで、地域の農業者や事業者を支えていく。そして、それが被災地にも寄付という形で還元されていく。そんな好循環が各地に広がることを願っている。

« 寄付で縁をつくる | トップページ | 高校教師向けセミナーのご案内 »

カテゴリー

2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31