« 医系論文問題集を更新 | トップページ | 震災復興記念夏のイベント »

2011.07.09

寄付にはまる?

いま思い起こすと、年明けにこんな↓文章(ぎょうせい『ガバナンス』2011年2月号、連載115回)

を書いたことが、ボクの「運命」を決めてしまったのだろうなあ。

今年は日本社会における寄付文化再生の記念すべき年になる。年明けから続々と全国各地に「タイガーマスク」が現れたからではない。昨年末に公表された11年税制改正大綱に「市民公益税制」が盛り込まれ、NPO法人への寄付の税額控除が拡大するからだ。正体不明の「タイガーマスク」とは違い、この新しい税制は「透明性の確保」が必要不可欠である。そして、自治体・地域での取り組みが再生の鍵をにぎる。・・・以下略

「タイガーマスク」はすぐに忘れ去られましたが、その後、誰もが忘れられない東日本大震災が発生。実に多くの日本人が、被災者や被災地に対する寄付を経験しました。そして、先日、上記の文章にある「市民公益税制」の関連法案が国会で成立しました。間違いなく今年は「寄付元年」として歴史に刻まれると思います。

そんなおり、ボクも「かながわ寄付をすすめる委員会」(事務局:神奈川県)の委員になり、寄付促進の仕組みづくりにかかわることになったのです(リンク参照)。「運命」と表現したのは、気づいたら「ここ」(寄付に近い場所)にいたからです。もちろん自分で決めたことではありますが、ボクの前に示される選択肢が次々と寄付がらみだったのですから、これも「運命」なのでしょう。

前期授業が終えたので、夏期講習+長期ロード(計14泊15日)に備えてリフレッシュしたいなあと思っていました。しかし、そんな気持ちを押しのけて、いまも寄付促進に関するペーパーを起案しています。上記の文章で「自治体・地域での取り組みが再生の鍵をにぎる」だなんて言っちゃったんだから責任とらなきゃね・・・と「覚悟」を決めています。

あと1週間すれば予備校に復帰しなければならないので、一歩でも前に進んでおきたい…疲れただなんて言ってられないなあ。

« 医系論文問題集を更新 | トップページ | 震災復興記念夏のイベント »

カテゴリー

2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31