« 私たちに何ができるか? | トップページ | 義援金に協力してください! »

2011.03.23

祭りを中止すべきか否か?

 予定では仙台校の春期講習のため、昨日から出張する予定でした。しかし、まだ新幹線が不通のため仙台へは行けず、講習やイベントは中止です。校舎や職員・講師の皆さんは無事なようですが、生徒さんやご家族のことがずっと気になっています。ただ、心配するだけで何もできないので、首都圏でできることを一つずつ始めています。

 ボクが地元でかかわってきた「さくら祭り」(東急田園都市線「宮崎台」駅周辺で開催)も、大震災後の諸般の状況から「中止」すべきか否かを話し合ってきました。他の祭りはことごとく中止になっています。しかし、ボクたちの話し合いの結果は、大幅縮小の上で開催することになりました。地域にはこれに反発する声があるのも事実です。そこで、日頃の仕事を活かして(?)以下の文章を書いて、地域の皆さんに読んでもらうことになりました。「小論文」の講師らしく、段落ごとに主旨を明確にしたつもりです(笑)。

 祭りを中止すべきか否か?も「小論文」の出題と同じで、「正解」のない問題です。そのとき大切なのは自己の信念です。「私たちががんばることで被災者を支援できる」「大人が委縮・混乱していては、子どもも元気になれない」というのが、その信念というやつです。この文章の添削をしていただくのは自由ですが、信念だけは曲げられないだろうなあ。

-----------------------------------------------------------

「東北地方太平洋沖地震」で被災された皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。
 
大震災の深刻な被害とその後の社会的な混乱を考え、4月3日(日)に予定していた「ふる里さくら祭り」は大幅に縮小し、被災地支援を盛り込むことを決定しました。具体的にはさくら坂周辺の車両規制(歩行者天国)を中止し、第一公園でミニイベントを開催します。

このたびの大地震を受け、こんな時は「やらない」、こんな時だからこそ「やる」という様々な意見をいただきました。そのような中、祭りの「中止」ではなく「大幅縮小」を選んだのは、私たちが不安にかられ何もできないようでは、もっともっと大きな不安を抱える被災者の皆さんを支援することなどできないと考えたからです。今がんばらなければならないのは、運よく被災を免れた私たちです。そして、この祭りの場で被災者の支援のための義援金を募ることもできるのではないかと考えました。

また、大震災に関連するニュースの洪水と大人たちの委縮と混乱は、未来を信じて生きる子どもたちを不安にさせます。そんな日常から一時でも離れ、子どもが子どもらしい元気さを発揮し、被災地の子どもたちともつながっていく場として、今回の「ふる里さくら祭り」を位置づけたいと思います。

そもそも「祭り」とは、特定の日を選んで慰霊、祈願、感謝を行うことです。大震災で亡くなった方々を慰霊し、被災地の復興を祈願し、私たちがこうして生きていることに感謝し、何ができるかを考える…という今回の「ふる里さくら祭り」の趣旨をご理解ください。

« 私たちに何ができるか? | トップページ | 義援金に協力してください! »

カテゴリー

2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31