« <医>ミッドレベル・プロバイダー | トップページ | <雑>日の出の勢い »

2009.12.28

<雑>ある判決を読んで

 ある裁判の判決に対するボクのコメントが載っている記事を紹介します。

 指定管理者同士が訴訟、制度の機能不全に指摘も/横浜(神奈川新聞2009年12月21日)

 指定管理者というのは公共施設の管理運営を行なう民間組織のことを言います。横浜市の大倉山記念館は、二つのNPO法人が共同で管理運営していました。その2法人が争うという前代未聞の裁判で、このほど横浜地方裁判所が判決を出したのです。全国紙はどこも追いかけていなかったようで、ほとんど報道されなかったのですが、判決内容を読んでびっくり・・・関係者には失礼な言い方ですが、すごくおもしろいのです。
 裁判・判決は論文と似ています。まず両者の争う事実について証拠や証言を踏まえて、裁判所として事実認定をます。そしてし、それに基づいて、争点に対する裁判所の判断を示します。両者を整理統合して示した判決です。ボクがコメントした判決には、2法人の「出会いから破局まで」が事実認定としてばっちり書いてありました。
 そのうちの「出会い」の危うさを指摘したのが、この新聞記事です。裁判の直接のきっかけはこの施設の人件費の配分をめぐるものでしたが、判決は、市による2法人の指定取消しにまで言及していました。実際には2法人はまだ別れないで共同で管理運営しているので、どちらも別れたい(指定管理者を辞めたい)なんて主張していません。
 当事者が主張していないにもかかわらず、裁判所が破局を宣告し引導を渡すのは、きわめて異例のことです。力をあわせて管理運営するはずの2法人が、裁判を引き起こしたことへの不信感もあったでしょう。それだけでなく、ボクがコメントしたような「施設の私物化」とも思える事実が散見されたため、指定管理者への不信感は決定的なものになったように思われます。
 指定管理者制度やNPOがダメなのではなく、そのメンテナンス(この場合は、特に「劣化」の補修)を怠ってきたことが問われるべきなのです。市は指定管理者に任せきりにするのではなく、メンテナンスの役割を担わなければならないのでは?と判決を読みながら思いました。

« <医>ミッドレベル・プロバイダー | トップページ | <雑>日の出の勢い »

カテゴリー

2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31