« <雑>選ぶ側と選ばれる側 | トップページ | <医>コラム 子どもの「長期脳死」 »

2009.05.20

<社>コラム 「地域ブランド」とは?

 前の記事や授業でも「地域ブランド」に触れましたが、何のことかわからない人も多いと思います。あるところに以下のような小文を載せたので読んでください。

 私たち「ぐらす・かわさき」は、川崎市多摩区の空き店舗を活用したコミュニティスペース「遊友ひろば」を運営するNPOである。親子ひろばには乳幼児をかかえたお母さんたちが集い、高齢者が健康麻雀(飲まない・吸わない・賭けない麻雀)を楽しんでいく。「遊友ひろば」が開設されてから5年になるが、ようやく地域のたまり場として定着してきた。
 この「ぐらす・かわさき」が大きな事業を受託することになった。それは川崎市高津区の地域ブランドを創出するもので、厚生労働省の「ふるさと再生雇用特別交付金」を受けた同市の委託事業である。高津区内のたちばな地区には豊かな農業地区がある。その農産物等を活用して「たちばなブランド」を開発していくのだが、私たちのように非力なNPOにとっては少し荷の重い仕事である。なお、この事業には実績のあるコンサルタント会社をはじめとして7事業者が応募した。プロポーザル(企画提案)方式によって、私たちの提案が僅差で選考・採用されることとなった。
 地域ブランドといえば宇都宮の餃子や讃岐うどんなどの名産品や観光地を思い浮かべるだろう。しかし、私たちが提案した地域ブランドは、そのように大きな成功物語をめざすものではない。たちばな地区で作られている農産物も大根、ブロッコリーなど、よくある野菜が中心だ。これらを日本中に知れわたるようなブランドに仕立て上げていくことは難しい。しかし、こうした地域の産品を地域の人たちに知ってもらい、それに対する愛着や誇りを持ってもらうことは可能だ。そのように考えて、私たちはブランドを通じて「地域を耕す」をコンセプトに企画を提案した。
 私自身を含めて、自分が暮らす地域で、どのような農産物があるのかを知らない人は意外に多い。そこで、引き売りをまねて週2回「移動見本市」を行い、まずは地域の中での認知度を高めたい。また、地域のレストランや居酒屋で、地元の農産物を利用したメニューを開発してもらう。学校でも給食の食材とにするだけでなく、総合学習等の時間を通じて農家の人たちと知り合いになる。などなど、地域の産品を通じて人びとが少しずつ関わり始めていくことが、私たちの提案した地域ブランドであり「地域を耕す」ことの意味である。
 3年の受託期間のうちに、どこまでたどり着けるか不明だが、いろいろな人たちとの出会いを楽しみつつ取り組んでいきたいと思う。

« <雑>選ぶ側と選ばれる側 | トップページ | <医>コラム 子どもの「長期脳死」 »

カテゴリー

2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31