« 遺伝子診断 | トップページ | KYへの過剰反応 »

2008.07.12

市民活動団体への助成

 今日の午後は、市民活動団体に対する助成金の公開選考会がありました。ボクが理事をつとめるNPO「ぐらす・かわさき」の「ぐらすサポート基金」という助成事業です。1団体の上限10万円で5団体を募集したところ、なんと17団体も集まりました。ボクは選考委員会のメンバーとして、各団体のプレゼンを聞き、質問をし、採点をする役割です。
 と一口に言っても、実際にはなかなかタイヘンです。各団体が助成を受けたい事業の目的、内容、方法等を5分程度でプレゼンテーションをします。そして選考委員が分担して3分以内で質問をし、社会性、地域性、参加性、実現性の四つの観点から即座に採点するのです。それが17団体も延々と続くのです。応募団体の皆さんは表現方法も工夫して一生懸命にプレゼンするので、選考委員は一瞬たりとも気が抜けません。ほんとに疲れ果ててヘトヘトになりました。
 しかし、これは心地よい疲れでもありました。市民活動とは自分の思い(問題意識)を社会・世界につなげていく営みです。まさに社会科学系の演習テストで取り上げた「公民」が担う活動です。かつて柳田國男は日本人は「公民たりえていない」と嘆きましたが、川崎という小さな地域でもこんなにたくさんの「公民」に出会えたことが、ボクにとっては心地よかったのでしょう。最終的には以下の5団体を選考し、助成金の支出を決めましたが、予算が許せばすべての団体を助成したかった・・・。

 ○多摩応急手当普及会:AEDトレーナーの購入と救急講習会での活用
 
 ○NPO法人サイレント・サポート:精神障がい者への理解を進める学習会の開催
 
 ○のぼりとゆうえん隊:大学生の参加による「まち受信マップ」の作成
 
 ○世界のひろば:地域の外国人と交流する多文化カフェの開設
 
 ○若年性認知症グループどんどん:若年性認知症と向き合うための冊子の発行
 
 以上の事業費(今年度)はしめて50万円。それだけでも、いろいろなことができるんだなあ・・・と、お金を自分のこと以外にも使うことの面白さ(無限の可能性)を改めて実感しました。「ぐらすサポート資金」もまもなく枯渇します。「自分のためのお金」でなく、ましてや「お金のためのお金」ではなく、「他者や社会のためのお金」の流れをもっと大きくしたいものです。

« 遺伝子診断 | トップページ | KYへの過剰反応 »

カテゴリー

2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31