« 「論」の氾濫 | トップページ | ギョーザ騒動 »

2008.01.27

初心者へのアドバイス

 直前講習の時期は、これまで小論文の対策をしてこなかった「初心者」に出会います。「初心者」といってもいろいろで、けっこう良い答案を書く人も少なくありません。なので、「初心者」だからと言ってあせらず、限られた時間の中でできることから始めるようにしましょう。
 もっとも大切なことは自分の受ける大学・学部の出題傾向をおさえることです。「初心者」の中には論文のマニュアルやネタを求めて、それらで何とか対応しようと考える人がいます。しかし、出題は大学や学部によって異なるので、一般的な対策を講じてもあまり意味がありません。
 たとえば、あるマニュアルは課題文の要約を求めますが、設問がそれを求めていないときは要約は不要です。設問の求めに応じるのが解答の基本です。また、ネタ(具体例)についても、むやみに使えばよいというものではありません。具体例は主張を説明する手段の一つで、それを使って何を説明するのか趣旨・意図が大切です。
 blogのアクセス解析をすると、検索ワードでもっとも多いのが「小論文 書き出し」という組み合わせです。受験生だけではないのかもしれませんが、一般的に書き出しに悩む人が多いようです。だから、「要約からはじめよ」などという相手(設問)を無視したマニュアルが横行してしまうのでしょう。
 悩みはよくわかりますが、絶対的な解答方法や書き出しなんて「ないっ」と覚悟を決めてください。それよりも、設問に応じて何を答えるべきかを考える柔軟さと解答方法の多様性を身につけましょう。入試までわずかですが、まだ時間はたっぷりあります。まずは過去問をながめて、相手が何を求めているかを確認してみてください。

« 「論」の氾濫 | トップページ | ギョーザ騒動 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「論」の氾濫 | トップページ | ギョーザ騒動 »

カテゴリー

2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31