« 凶悪犯の弁護 | トップページ | 右か左か…という勘違い »

2007.07.16

問う能力の再開発

 今日は駿台の夏期講習・慶大対策論文<法学部>の初日。2006年出題「問う能力の再開発」を中心に講義したのですが、その趣旨が受講生の皆さんには伝わったでしょうか?
 この出題は従来の傾向を大幅に変更したことで注目されました。しかし、そうした見た目以上に重要なことがあります。それは、出題を通じて論述力試験とは何かをアピールしたことです。アピールの内容を以下にランダムに記します。

 ①論旨を中心に課題文を理解する
 ②課題文・筆者に対する自己の見解をもつ
 ③説明に独自の視点を盛り込む
 ④記述内容を整理して論理を組み立てる
 ⑤主体的な問題発見を論述の基本とする

 授業でも紹介したように、法科大学院の論文入試でもマニュアル型の答案が目立つそうです。小論文対策として特定の型やネタをおぼえこませて、どんな出題でも対応可能と信じ込ませるイージーな学習指導が流行しています。ある試験で出題された「安楽さへの隷属」は、ここにもみられます。イージー・安楽では対応できないことを、2006年出題を通じて感じ取ってほしいのです。
 上記のアピールを受け止めた小論文対策は、まさに問う能力の再開発といえます。そして、それは受験生だけではなく、メディア関係者を含めた大人にも必要なのかもしれません。災害報道の中で、あいかわらず「どうですか?」と間抜けな質問をする記者をみると、問う能力の欠落・蔓延は「深刻だなあ」と思うのです。
 でも、受験生の皆さんはまだまだ若いので、今からバッチリときたえれば大丈夫です。

« 凶悪犯の弁護 | トップページ | 右か左か…という勘違い »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 凶悪犯の弁護 | トップページ | 右か左か…という勘違い »

カテゴリー

2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31