« 問題集を更新しました | トップページ | 早慶大入試対策フェア(駿台) »

2007.01.18

奉仕活動の必修化

 今日の各紙夕刊やTVで「教育再生会議」の第一次報告が出たことを報道しています。新聞には要旨が掲載されているので、ざっと目を通しておきましょう。

 なかでも気になるのが「高校での奉仕活動の必修化」です。これが「すべての子供に規範意識を教え、社会人としての基本を徹底する」という提言の中に盛り込まれているのが注目です。ところで、この提言をまとめた教育再生会議も皆さんは、高校時代に少しは奉仕活動をしてたんでしょうか?なんてったって「それが社会人の基本だあ」などとおっしゃるのですから、まさか、自分がやってないことを他人に押しつけるなんてことはありませんよね。そして、安倍首相の高校時代は?こうしたことを取材・報道するのがジャーナリズムだと思うのですが、そうしたセンスと能力があるかどうか・・・かなり心配。

 受験生の皆さんはこの「奉仕活動の必修化」をどう思いますか?

 かつて東大文三後期の論文試験で「ボランティアの報酬」が出題されたことがあります。課題文の筆者(金子郁容氏)はボランティアの報酬を「閉じていて開いているもの」と表現していますが、それを読んで考えたことを述べさせるものでした。また、東京学芸大学教育学部(国際教育)では「ボランティアの義務化」が出題されています。今年の入試で出るとは断言しませんが、「奉仕活動の必修化」は多くの問題をはらむだけに、当事者としてその是非を考えてみてください。ちなみに教育再生会議がボランティアではなく「奉仕」という言葉を使ったのは、必修化とボランティアの理念(自発性)との矛盾を回避するため?それとも、国語辞典(大辞泉)に「奉仕」の意味としてあるように「利害を離れて国家や社会などのために尽くすこと」を求めたから?

 なお、東京都では教育再生会議の提言を先取りして、来年度から全都立高校・全課程で「奉仕活動の必修化」を実施します。詳しくは以下のリンクをご覧ください。

<参考>東京都教育委員会「平成19年度奉仕体験活動の必修化に向けて」(リンク)

« 問題集を更新しました | トップページ | 早慶大入試対策フェア(駿台) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 問題集を更新しました | トップページ | 早慶大入試対策フェア(駿台) »

カテゴリー

2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31