« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006.06.01

帰ってくる団塊世代

 「2007年問題」について最近書いた文章を載せます。私が理事・主任研究員をつとめるNPO「参加型システム研究所」のニュースレターに掲載したものです。
 小論文の出題でいうと、「以下の文章を読み、2007年問題に関する筆者の問題提起について、あなた自身の考えを100字以内で自由に述べなさい」という感じになるでしょう。受験生の皆さん、解いてみてください。
 

 団塊世代(1947年~1949年生まれ)が定年で大量に離職し、社会に大きな影響を与えるとされるのが「2007年問題」である。実際には、改正「高年齢者雇用安定法」(企業に対して段階的に65歳までの雇用を義務づける法律)が4月に施行され、大企業を中心に定年延長や再雇用制度の導入が進んでいる。団塊世代が直ちに地域社会にあふれるわけではない。しかし、いずれは離職して団塊世代は地域社会に必ず帰ってくる。また、自発的に早期に離職して、第二の人生を選択する人も少なくない。

続きを読む "帰ってくる団塊世代" »

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

カテゴリー

2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31