« 2006年2月 | トップページ | 2006年5月 »

2006.03.14

超速報!東大文一後期・論文Ⅱ

 昨日受験した皆さん、お疲れさまでした。試験終了(3月13日16:30)から9時間ほど経過していますが、今年の出題について簡単なコメントをします。速報用の解答はもう書いてしまいましたが、正式公表までしばらくお待ちください。ちなみに駿台の速報は以下のところにあります。http://www.sundai.ac.jp/yobi/sokuhou/index.htm

○第1問
 出題形式が読解論述式に変わったので、戸惑った人がいたかもしれません。しかし、設問をよく読めば何を答えるべきかは明確なので、端的に答えを示し説明を加えていくのが基本です。テーマはメディア論で、地下鉄サリン事件被害者に対する村上氏の取材方針や方法が、既成のメディアのあり方に対する問題提起であることが理解できていればOKです。

○第2問
 昨年同様に少し昔の文章を課題文にして、現代との対比を通じて理解・思考を深めることを求めた出題です。筆者の主張(世界政治に対する認識や見通し)が的外れとの批判もできますが、あたっているとの主張もできます。私は後者で解答を書きました。現代世界の政治や軍事がテーマなので自分の主張を深く掘り下げるのは容易ではないので、筆者の主張に対する論評に力点を置いたと思われます。

・・・つづきは明日

« 2006年2月 | トップページ | 2006年5月 »

カテゴリー

2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31