« 2005年4月 | トップページ | 2005年12月 »

2005.07.27

高橋哲哉東大教授の講演会

 私が理事&主任研究員をつとめるNPOが、来週、以下のような講演会を開催します。講師は『靖国問題』(ちくま新書)などの著書がある高橋哲哉氏です。この夏、郵政民営化法案とともに小泉首相が抱える火種の一つ靖国問題を、思想の問題として哲学の視点から語っていただきます。(当日は司会をつとめるため私もいます。駿台生は参加費を免除してあげるので、受付で声をかけてください。)

歴史教科書問題と靖国参拝
■日時 2005年8月5日(金)18:00~20:00
■場所 横浜市開港記念会館…横浜高速鉄道みなとみらい線「日本大通」駅下車すぐ
■講師 高橋哲哉さん(東京大学大学院総合文化研究科教授)
■講師プロフィール 
 1956年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科教授。専攻は哲学。著書に「靖国問題」「教育と国家」「『心』と戦争」「とめよう!戦争への教育 教育基本法『改正』と教科書問題」など
■参加費 500円

2005.07.21

2005年の論文入試

 まずは、今年の出題(社会科学系)をPDFファイルで提供します。見たい学部名をクリックしてください。
 レギュラー授業、夏期講習の受講生ならば、通信添削してあげます
 無料ですが、来年の入試に合格したら「復元合格答案」を書くことが責務です。
 メールはこちらまで
 迷惑メールと区別するため必ず「論文添削希望」と明記し、ハンドルネームでなくきちんと名乗ること(こっちは実名でやってるんだから・・・)。

 慶応大学・・・・・・ 法学部  経済学部
 
 早稲田大学・・・  法学部  商学部

 東京大学・・・・・・ 文1  文2

 一橋大学・・・・・・ 法学部  経済学部  商学部  社会学部

 
 

お久しぶりです

 「天才」は忘れた頃にやってくる・・・
 モーレツに忙しくて、このblogをまったく更新できませんでした。忙しかったのは、以下のように想定外の出来事が相次いだからです。
  ①突然(夜逃げではありません)、自宅を引っ越した
  ②ピンチヒッターで医系論文も担当することになった(夏期や後期も継続予定)
  ③横浜市の政策研究受託の最終選考に残り、200万円の研究費をゲットした(これは想定内?)
 これに加えて「新法特需」か(4月に個人情報保護法施行)、ほぼ毎週どこかで個人情報保護に関する講演をこなし、指定管理者制度(わかりやすく言えば、公共施設の民営化)への応募のサポートをしたり、もちろんレギュラーの授業があったりで、とにかく「モーレツ」だったのです。
 まだ台風一過ではありませんが明日から夏期講習が始まるし、受講生に約束した過去問の掲載をしないとヒンシュクなので、重~い頭と体をたたき起こすことにしました。
 ということで、SOS論文教室の再開です。
 

« 2005年4月 | トップページ | 2005年12月 »

カテゴリー

2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31