« 2005年3月 | トップページ | 2005年7月 »

2005.04.26

非婚化って、どーよ

 今日から遅ればせながら予備校の新学期が始まります(先週は公開授業・プレゼンでした)。第1回の今日は慶応大学経済学の2003年出題を取り上げます。テーマは家族生活の変化。課題文の内容を説明した上で、近未来の家族生活の展開について自分の考えを述べる問題です。
 授業で少子化の一因である非婚化を解説するため、30歳代前半の未婚率の推移や生涯未婚率(50歳で未婚の人の割合)を調べてみました。
 30歳代前半の未婚率 
  男性 33%(1990)→43%(2000年)
  女性 14%(1990)→27%(2000年)
 生涯未婚率
  4.9%(1950年生まれ・現況値)→16.8%(1985年生まれ・中位の推計値)
 こうした数字をみると非婚化の急速な進行がわかります。
 で、こうした現状をどう評価するのかが解答のポイント。これを少子化による「国力」低下と嘆いて、何らかの対策を講じるのか?従来の家族形態を前提にした年金、福祉等の政策を個人単位に見直していくか?受験生にとっては難問ですが、自分のこととして考えてみましょう。
 でも、結婚させるための対策って・・・?まさか税金で合コン(地方には「公営」の結婚相談所があるけど)するわけに行かないし、メディアミックスでむりやり結婚ブームを演出しても、すぐに消費され・飽きられてしまうし・・・どうしましょうか?

« 2005年3月 | トップページ | 2005年7月 »

カテゴリー

2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31