2015.03.14

昨日の東大後期総合科目Ⅲの第1問、ボクが17年前の的中(笑)させた出題は、こんな感じ。

【設問】
 次の文章を読んで、①正義についての筆者の考えをまとめ、②その内容に関連してあなた自身の考えを述べなさい。①を三〇〇字、①と②を合せて一〇〇〇字とする。

【解答例】
 人々は正義という言葉を疑いつつ、他方では不正を真剣な非難の言葉として使うという非対称的な態度をとる。このことを説明する一つの鍵は、正義原則と正義概念との区別にある。妥当な正義原則について一般的合意がないことから、絶対的な万能公式としての正義原則に人々は懐疑的である。しかし、それは正義概念自体を無意味だと放棄するこことは別である。正義概念があることで、競合する他の正義原則がまったく考慮されなかったときに比べて結論の内容または説得力に相違がもたらされる。競合する様々な正義原則の比重の評価は「正義感覚」とでも呼ぶべきものである。人々は個々の正義原則を疑うが、正義感覚によって正義の理念に帰依している。
 
以上のような筆者の主張は、一見すると単なる“言葉遊び”のようにも思える。いったい筆者はこの主張を通じて、何を私たちに示そうとしたのだろうか。筆者の主張の意味を私なりに探ることにしたい。
 
人々はそのことに懐疑的だと筆者は言うが、一般に正義は「絶対的な万能公式」として理解されることも少なくない。そのため、正義を主張する人によほどの自己の抑制と自己への懐疑がないと、正義は常に独善的になり得る。それは、筆者が例にあげるさまざまな不正を追及する人たちの中にも、残念ながらよく見られる姿である。他方、独善的になりがちな正義原則のあり方への過剰反応なのか、正義の存在そのものを否定的にとらえる考え方もある。とりわけ価値観が多様化し「何でもあり」の風潮が強くなる中で、そうした考え方は勢いを増しているようにも思える。
 
筆者の主張はこのような現状に対する一つの提言として理解できる。筆者は正義は「絶対的な万能公式」ではなくいことを確認するとともに、「正義とは何か」(正義概念)を問い続けることに一定の意味を見出している。それは、他の正義原則が考慮されることで、ある正義原則に基づいた判断はより妥当なものになることが期待されることを指す。問題は、現代社会では他者や社会に対する無関心が広がり、こうした構図が成り立ちづらくなっている点であろう。そもそも人が正義を主張するのは、他者や社会との関わりにおいてである。あることが正義に反すると思うとき、人は自らが正義と信じることを他者や社会が実行するよう求める。正義の起点ともいえる他者や社会に対する関心の回復が今後の課題である。

2014.02.16

世界一早い(笑)慶大法の解答速報

慶大法受験の皆さん、お疲れさまでした。論述力試験の問題を入手したので、現段階で可能な範囲でコメントします。まず、設問は以下のとおりでした。

【設問】
 
次の文章は、「規範理論における主題としての「家族」と題する論文の中で、フェミニズムにおけるケアと正義の二元論についての記述の抜粋である。
 
この文章を読み、「ケアの倫理」と「正義の倫理」に関する筆者の分析を踏まえて、あなたの考えを論じなさい。

詳細は公式の速報に譲りますが、「ケアの倫理」が家族・親密圏に女性を閉じ込めてきたこと。彼女たちの社会・公共圏への進出を阻害してきたのは「正義の倫理」に反すること。というフェミニズムの二元論(課題認識)をおさえなければなりません。
筆者の分析は両者を対立させるだけではなく、「統合」を展望しています。それを理解し、論述で踏み込んでいけるか否かが良い解答か否かの別れ目です。統合とは最下部の冬期講習・解答例の後半にあるケアの社会化(家族ケアの機能不全を社会が支援していくようなあり方)で、女性や当事者だけでなくみんなが「ケアの倫理」をもち、実践することが「正義の倫理」にもなる・・・という方向で書ければ高い評価になるでしょう。

==============

これを読んでびっくり!家族というテーマと「ケア」というキーワードが、冬期講習実戦テスト・第2回(第4日)と重なっていたからです。さすがに課題文までは的中しませんでしたが、何が出題されるかわからない論述力試験で、ここまで肉薄すれば十分でしょう。その「的中」の設問とは以下のとおりです。

【設問】
 
筆者が「家族は安全な場所であるとは言い難い」(傍線部)と考える理由を「ケア」という言葉を用いて簡潔に説明しなさい。その上で、これからの家族のあり方について、あなたの考えるところを自由に述べなさい。

以下に、そのときの解答例を掲載します。ここではケアの難点として「暴力」をあげましたが、慶大法の出題はケアを担う人の社会進出を妨げる「不正義」をあげています。この点で的中とは言えませんが、家族によるケアという機能が限界にあるという課題認識は同じです。解説授業でも話した〈家族的ケア→社会的ケア〉という社会の流れをつかんでいれば、なんとか理解し、論述することはできたかも…

【解答例】←今日の出題の解答例じゃあないよ
 
ケアとは養育・介護・気遣いであり、人が生きていく上で必要な、具体的な他者との全面的なつながりや信頼感が存在する場としての親密圏がもつ機能である。この親密圏としての家族の暴力や虐待にはケアが関連している。ケアという行為はケアをする/されるという関係性であるが故に,その関係性は非対称にならざるをえない。この非対称性に,他者との緊張や葛藤や依存というような,暴力へと転化する可能性を持つ要因が内包されている。筆者はこのような「ケアの両義性」に着目して、「家族は安全な場所であるとは言い難い」と述べている。
 
児童虐待、ドメスティック・バイオレンス、高齢者虐待など、近年になって問題が顕在化していた家族の暴力や虐待の問題を、筆者は以上のように分析する。しかし、「日本の家族における問題を見つめ直す」とするだけで、少なくとも課題文の中には課題の解決についての言及がない。そこで、「ケアの両義性」に起因する家族の暴力や虐待の現状を踏まえつつ、これからの家族のあり方についての私自身の考えを以下に述べる。
 
家族のケア機能は暴力への転化を内包するが、その危うさを抑制・解消してきた家族は多い。それにもかかわらず家族の暴力や虐待が起こるのは、ケアの存在それ自体ではなく、その機能不全が改善されていないからだ。現在の家族形態は大きく変化し、母子・父子世帯、高齢者だけの世帯、高齢者だけの世帯、独居などが増えている。家族の構成員が少ないのが、これらの家族形態の特徴である。こうした中で、十分な養育・介護・気遣いは相当に困難なはずだ。暴力や虐待は当の家族だけの問題ではなく、彼ら・彼女らに対する関心、想像力、気遣いを失った社会の問題でもある。
 
これからの家族のあり方とは、家族ケアの機能不全を社会が支援していくようなあり方である。生きていく上での課題の解決を、家族だけが背負い込むのではない。周囲の支えにも助けられつつ、ともに解決に向けて歩んでいく姿こそ、理想とすべき家族のあり方だ。子どもの養育をケアする保育園・幼稚園や学校、高齢者の介護を支援する諸々の介護サービスなど、家族を支援する社会的機能はすでにある。ただし、これらの既存サービスが、家族の暴力や虐待を克服するために、十分な役割・責任を果たしていないのが課題だ。その重要性を再確認し、支援機能の拡充を進めていかなければならない。

 

2013.12.12

国家秘密法について

2年前にボクが書いた連載コラム(月刊『ガバナンス』20121月号、ぎょうせい)です。当時の民主党政権の下で、秘密保護法制の検討が行われていました。そして、その問題点は今回成立した法律にも引き継がれています。こうした経緯を振り返ると、民主党を反対の立場とみるのは、ちょいと違う。そして、メディアや弁護士会等だけでなく自分自身を含めて、反対する立場は何もできないまま今日に至ったことを、猛省しなければなりません。

秘密保護法制

 このほど国は秘密保全法制を整備し、12年の通常国会に法案を提出する意向を固めた。かつて、自民党の中曽根内閣が「国家秘密法案」を提出したことがある。しかし、世論やメディアの強い反対のため廃案になり、以降は同様の法案は提出されていない。自民党から民主党への政権交代を果たしたにもかかわらず、「国家秘密法案」と同様の危険がある法案を、今なぜ提出するのか。一方、情報公開法改正案は継続審議のままであり、「知る権利」の行方に暗雲が立ち込めている。 

» 続きを読む

2013.07.27

twitter版「論文FAQ」

今日で市谷・医系論文の夏期講習終了。受講生からいろいろな質問があったので、それに答えるべく一気に論文FAQをtwitterに掲載しました。
関連質問があるときは「聞く」をクリックして書き込んでください。また、他にも聞きたいことがあるときもtwitter経由でお願いします。

https://twitter.com/S_Okutsu

2013.07.02

小論文についてのよくある質問(FAQ)

ずいぶん前に小論文FAQをつくって、以前のblogに放置したままになってました。
この内容を更新したいのですが、まったく余裕がないのでとりあえず紹介します。
5年前の作品ですが、まだまだ通用するのは、ある意味で困ったことなんですけどね。

 小論文のためになる話 http://ronbun.exblog.jp/8625545/

2013.06.30

札幌校医系論文受講生の皆さんへ

一昨日の授業で医系論文問題集へのユーザー名とIDを伝えましたが、ミスがありましたあ。やっちまった・・・
以下のように、板書したユーザー名(ID)に一字「m」を追加してくださいね。medicalの「m」です。

 ユーザー名 ●●●●●●●●●m

なお、パスワードは板書したとおりで、番号で間違いはありません。
機会があったら、友だちにも伝えてください。

 

夏休み期間の予定です

実に実に久しぶりのブログへの書き込みです。
前期も残すところ、あと1週間。ボクの夏期講習の予定を以下に掲載します。
講習受講生を優先しますが、質問や相談がある人も遠慮なくお越しください。

7月19日(金)~7月22日(月) お茶の水2号館 慶大対策論文<法学部>

7月24日(水)~7月27日(土) 市谷校舎 医系論文

7月30日(火)~8月2日(金) 横浜校 慶大対策論文<法学部>

8月4日(日)~8月7日(水) 仙台校 適性を磨くための医系論文・面接<仙台>

8月14日(水)~8月17日(土) 札幌校 適性を磨くための医系論文・面接<札幌>

・・・という感じです。
これらの合間を縫って、青森や大阪でもセミナーがあり、7月30日から11日間連続の授業という荒業(笑)もあります。また、8月は仙台→青森→大阪と1週間以上自宅へ帰らない長期ロードもあり、夏バテしないよう、がんばらなければ!
受験生の皆さんも体に気をつけ、充実した夏休みを過ごしてくださいね!

2013.04.06

明日はさくら祭り!

Dsc_0371_4いよいよ明日は宮崎台さくら祭り。なのに、雨がじゃんじゃん降っています。ただ、未明には雨もあがる見通しで、残る課題は強風のみ。明日のためにがんばってきたみんなのために、年に一度のお祭りを楽しみにしている地域の皆さんのために、何とか開催したい…キャラクターグッズ「うさくらちゃん」の缶バッジも、子どもたちに配るべく、こんなにたくさんつくっちゃったしね。なお、開催するか否かの最終判断は明朝7:00。以下のHPやFBをチェックしてください。
 ホームページ   Facebook
 
 

2013.04.01

宮崎台さくら祭りに来てね!

今日から新年度ですね。4月15日からは前期授業が始まります。その前の大仕事が「宮崎台さくら祭り」です。地域住民の寄付とボランティアでつくる祭りで、例年は約6万人の集客があるビッグイベントです。ボクは長くその企画・運営にかかわってきました。祭りの詳細は以下のHPをご覧ください。Facebookやtwitterもやってます。

 ☆宮崎台さくら祭りのホームページ

今年はさくらの開花が早くて葉ざくら祭り(笑)になりそうですが、この数日の寒さで、さくらの花は何とかもってくれています。
新学期で何かと忙しい時期かもしれませんが、家族・友人と一緒に遊びに来てください!当日はステージや本部テント周辺を駆けずりまわってますが、遠慮なく声をかけてくださいね。

なお、当日のステージの目玉はLiLiというミュージシャンのミニコンサート。このグループが歌う「COLOR」は、NPOへの寄付を促進する歌(ありがとうソング)としてFMヨコハマのコンテストでグランプリをとりました。以下にPVがあるので聴いてください!

 ☆LiLi「COLOR」のPV(YouTube)

コンテストを含むFMヨコハマのキャンペーンには、構想・企画の段階からかかわってきました。それだけに深い思い入れがあります。この曲にあふれる「ありがとう!」というメッセージを、寄付やボランティアに参加・協力してくれた「みんな」に贈りたいというのが、LiLiを呼んだボクの隠れた魂胆でもあります。さくら祭りのLiLiの出演予定時間・場所は以下のとおりです。

 ○時間 4月7日(日)12:40-13:20
 ○場所 駅前広場・特設ステージ(東急田園都市線「宮崎台」駅すぐ) 

2013年度のレギュラー授業

新年度のレギュラー授業は以下のとおりです。
マニュアルや知識・情報への過度な依存をもたらすような授業はやりません。どのような出題にも柔軟に対応できる、課題解決能力・論理的思考力を磨くための授業です。
授業を通して、ともに人間・社会・世界の難問と向き合い、考えていきましょう!

☆医系論文:論文対策はもちろん面接対策にもなります
 月曜日 15:40-17:30、18:00-20:00 市谷校
 水曜日 18:00-20:00 お茶の水8号館
 木曜日 13:30-15:20 お茶の水8号館 18:00-20:00 池袋校
 金曜日 18:00-20:00 仙台校または札幌校 ※隔週授業 
 

☆社会科学系論文:慶大の法・経済の受験者が対象です
 火曜日 18:00-20:00 横浜校
 水曜日 15:40-17:30 お茶の水2号館

☆人文社会総合論文:道内の国公立大や慶大文系の受験者が対象です
 土曜日 9:00-11:00 札幌校 ※隔週授業

2013.02.23

東京マラソン、応援よろしく!

国公立大学の前期試験は明後日ですね。ボクの「勝負」は明日の東京マラソン。

昨年秋に病気入院・休講したときは、もう走れないとあきらめかけました。でも、「第一志望はゆずれない!」と奮起して、「勝負」にのぞむことになりました。受験生の皆さんの背中を押せるよう、何とか完走したいと思います。
ボクだって「ゼロからのスタート」なんだから、みんなもがんばってね!

東京マラソンには、以下のような「応援ナビ」というのがあって、ボクのゼッケン「39923」を入れると、どこを走って(歩いて?)いるかわかるようになっています。受験前日の気分転換(?)に、どーぞ!フジテレビでも市民ランナーの様子を中継するようです。

http://p.tokyo42195.org/ouennavi/index.html

余裕があれば、facebookで実況中継する予定です。友だちにならなくていいから(笑)、こっちものぞいてみてください。39923_4

http://www.facebook.com/shigeki.okutsu

2013.02.17

世界一速い慶大法の速報

昨日の慶大法の論述力試験。こんな設問でした。

次の文章は、日本における内閣制度発足当初の状況について論じたものである。当時の内閣制度が抱えていた問題点を三〇〇字程度にまとめ、これを踏まえて、現在の内閣総理大臣のリーダーシップのあり方について、あなたの考えを自由に論じなさい。

やっぱり単純な要約じゃあなくて、実質的には論点整理型ですね。課題文の内容は平易なので、「問題点」をまとめることは楽勝だったはず。

一方、論述部分が難しい。ただ、授業でも強調してきたように課題文を活かせば何とかなったと思います。キーワードは「調整と談合」「非常時」かな?これらの言葉と設問の「現在の」という言葉を関連させると、以下のような論述の構成要素が浮かび上がると思います。

①現在の日本・政治の状況は「調整と談合」で乗り切れるのか。または、どんな点で「非常時」といえるのか?

②そうした中で「強い総理大臣」「リーダーシップ」はどうあるべきか?それは、なぜか?(現状に対して、どんな点で有効か?)

③リーダーシップの課題となる「軋轢」「亀裂」にどう対処していくのか?

詳しくは駿台の解答速報をお待ちください!

2013.02.06

お互いにがんばろうね!

あっという間に2月になりましたね。受験本番が近づき焦っている受験生も多いと思います。受験しないけど、ボクも焦ってます(笑)

授業では話しましたが、なんと東京マラソン(2月24日、翌日から国公立の前記試験)に当たってしまったのです。しかも初マラソン!昨年9月には計10日間の入院をしたのですが、そのときに「この流れは“来る”だろう」と「当たり」を直感しました(笑)

病気のせいで走れなくなり、体力・走力ゼロからの再スタートという試練を、神さまは与えてくれたのかもしれませんね。よく受験生に、「間に合うかどうか」なんて心配しないで、何とか「間に合わせる」ようにがんばれ!って励まします。その言葉が自分にかえってきた感じです。

ようやく12月から少しずつ走るようになり、先日はハーフマラソンを完走。その後も毎週末に約20㎞走っています。以下の写真のようにGPSウォッチがルートを地図表示してくれます。病み上がりだからタイムにはこだわらず、受験生と並走して「強い気持ち」でゴールをめざそうと思います。お互いにがんばろうね!

20130202_5

直前期の予定

「論文対策入試バックアップシステム」で駿台各校舎に行く予定を以下に記します。いずれも時間帯は17:30~18:30です。同システムを利用していない駿台生に対しては、この時間帯の前後であれば質問等に応じますので、お越しください。 

 2月6日(水)お茶の水2号館
 2月7日(木)池袋校
 2月8日(金)市谷校舎
 2月12日(火)横浜校

 ※2月13日(水)午後~2月14日(木)午後は仙台校に行きます。

2013.02.03

国民皆保険制度とTPP

今日の午後は札幌で直前講習があります。この記事も札幌へ向かうエアポート号の中で書いています(揺れるので打ちづらい…)。医学部の面接対策の講座ですが、その中でTPPと医療との関係を取り上げます。

昨年、ある大学の面接試験で聞かれたし、一昨年の、ある大学の論文試験では、これを背景とした出題でした。要注意のテーマです。何が問われているのかは「企業秘密」なので書けません(笑)でも、以下のリンクくらいはオープンにします。

http://www.thelancet.com/japan

世の中には「日本はダメだあ~」という論調が多すぎるのですが、実は国民皆保険制度は世界にほこるべき制度であり、実績なのです。もちろん課題は山ほどありますが、たまにはプラス思考で日本をとらえ直してみても良いのでは?上記の英字誌ランセットは、そんな気づきを私たちに与えてくれます。

受験生も、日本も、これまでの努力にもっと自信を持とうよ!

«医系論文問題集を更新しました

カテゴリー

2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31